健康で快適な身体を作るためには欠かせない乳酸菌を効果的に取り入れるのが、古くからのコーカサスの知恵であるケフィアです。ケフィアのメリットをどんどん紹介します。

MENU
乳酸菌ならケフィアで決まりでしょう TOP  >  腸内細菌  >  ビフィズス菌ってみんな善玉菌ですか

ビフィズス菌ってみんな善玉菌ですか

はーい、りん子先生でーす。

20150212b今回は、ビフィズス菌の質問ですね。

結論から先に言いますと、
ビフィズス菌は、全部、善玉菌です。

というよりも、善玉菌はほとんど全部がビフィズス菌なのですよ。

 善玉菌とは何か

そもそも、善玉菌という名前は、東京大学名誉教授で、公益財団法人「日本ビフィズス菌センター」顧問の光岡知足先生が、ビフィズス菌に対して名づけた名称なのです。

ですから、「ビフィズス菌=善玉菌」は、定義そのものといえるのですが、現在では、ビフィズス菌以外にも善玉菌と呼ばれる菌種があります。

では、善玉菌とは何かを考えてみましょう。

善玉菌と悪玉菌の違いは、その代謝産物が人間の役に立つものか、逆に害があるものかの違いです。

役に立たないが、害にもならないのが、日和見菌です。

は、有機酸類やビタミン類などを産生します。

腐敗物質やニトロソアミンといった発がん性のある物質をも産生します。

は、役に立たないが害もない。情勢を見て、善玉菌が優勢であれば善玉菌の味方になるが、劣勢になると悪玉菌についてしまう。無党派層みたいな挙動を示します。

 

 ビフィズス菌は善玉菌の代表

このような分類で分けた時に、ビフィズス菌は、酢酸、乳酸、ビタミンB群、葉酸などを産生するので、善玉菌ということになります。

特に、ビフィズス菌が生み出す酢酸には強い殺菌力があり、悪玉菌の繁殖を抑制することができます。

酢酸はお酢として飲んでも、消化の途中で吸収されて大腸まで届かないため、大腸内での働きを期待する場合はビフィズス菌が必要なのです。

 

主要な善玉菌は、次の2種類です。

  • ビフィズス菌  99.9%
  • 乳酸菌     0.1%

腸内における量的分布を見ると、実は善玉菌のほとんど全部がビフィズス菌なのです。

最近よく宣伝されている乳酸菌はわずかに0.1%しかいません。

 

ビフィズス菌の名前の由来

20150214lビフィズス菌は、V字やY字に分岐した特徴的な形をしています。

これが、ラテン語で「二又の」を表すビフィドゥスという語が採用されて、ビフィズス菌と名付けられました。

ビフィズス菌は、善玉菌として腸内の環境を整えるほか、花粉症などアレルギー症状の緩和にも貢献していることが分かってきました。
最近の研究では、乳幼児に多いロタウイルスによる感染性腸炎の抑制をする可能性も報告されています。

 

 

美と健康のカギは大腸にありです。
その腸内環境を左右するビフィズス菌は私たちの健康になくてはならない重要なものなのです。


この記事は、各種資料を元にして独自にまとめたものであり、文責はすべて『りん子先生』にあります。

同じカテゴリー「腸内細菌」の一覧

20150212b

腸内環境改善で免疫力が付き、じんましんが治る。

皆さん、こんにちは。 りん子先生です。 TBSテレビ番組『世界一受けたい授業』(2015年3月14日放送)をご […]

記事の続きを読む
20150216b

年齢とともにビフィズス菌が減るって本当ですか。

そうですね。 年齢と共に体内、つまり腸内のビフィズス菌の比率が減少することは、最近ではよく知られたことですね。 […]

記事の続きを読む
20150214l

ビフィズス菌ってみんな善玉菌ですか

はーい、りん子先生でーす。 今回は、ビフィズス菌の質問ですね。 結論から先に言いますと、 ビフィズス菌は、全部 […]

記事の続きを読む
20150213d

善玉菌と悪玉菌と日和見菌のバランス

みなさんこんにちは、りん子先生です。 今日は、舞台の上から腸内細菌のお話しをします。 腸の中には100種類もの […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

りん子先生のプロフィール

りん子先生は、介護老人保健施設で働く管理栄養士です。 ある日、食品メーカーに務める大学の先輩からケフィアを教えられて、すっかりその魅力にとりつかれて自分でも研究しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2019 乳酸菌ならケフィアで決まりでしょう

    ページトップ