健康で快適な身体を作るためには欠かせない乳酸菌を効果的に取り入れるのが、古くからのコーカサスの知恵であるケフィアです。ケフィアのメリットをどんどん紹介します。

MENU
乳酸菌ならケフィアで決まりでしょう TOP  >  腸内細菌  >  善玉菌と悪玉菌と日和見菌のバランス

善玉菌と悪玉菌と日和見菌のバランス

みなさんこんにちは、りん子先生です。

今日は、舞台の上から腸内細菌のお話しをします。

20150213d

腸の中には100種類もの菌種が住み着いている

人間の腸の中には、一人当たり100種類以上の菌種が、また数にすると100兆個以上の腸内細菌が生息しています。
その重量は、成人で約1.5 kgにも及びますからすごい量ですね。

腸内細菌というと「大腸菌」という名前が思い浮かびますが、実は大腸菌は全体の0.1%にも満たないほど少ないのです。

 

お腹の中でも発酵技術

人間は、腸の中にこれほど大量の細菌を養っているわけですが、なんかの役に立つのでしょうか?

人類は、微生物の力を利用して様々な発酵食品を作り出しましたね。
酪農ではチーズやバター、ヨーグルトなど、豆からは醤油や味噌、世界中のお酒類も微生物の発酵によって生産されています。

腸内には、酵母など細菌以外の微生物もいますが、これらの生態系を腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)と呼びます。

実は、お腹の中でも、腸内細菌叢の微生物の発酵を利用しているのですよ。

腸内の微生物つまり腸内細菌は、人間が食べ物として送り込んだ食品を栄養源として発酵することで増殖し、同時にさまざまな代謝物を産生しています。

 

微生物の種類によって、代謝産物が人間にとって害になる場合があります。

病気として現れる害の例としては、感染症下痢症などの原因になりうることが明らかになり、最近の研究ではがん心臓病アレルギー、なんと痴呆症のような病気との関連性も高いことが分かってきました。

 

善玉菌と悪玉菌

腸内細菌の中で、人間にとって役に立つ働きをする微生物を善玉菌、害がある微生物を悪玉菌といいます。

でも、腸内細菌の大多数は、どちらでもない日和見菌なのです。

 

理想的な腸内バランスとしては、善玉菌が2割以上、日和見菌が7割、悪玉菌が1割以下です。

20150213d

善玉菌の代表は、有機酸などを産生する「ビフィズス菌」「乳酸菌」「腸球菌」です。

悪玉菌の代表は、腐敗物質を産生する「ウェルシュ菌」「大腸菌」「ブドウ球菌」などです。
おならのくさい臭いは、悪玉菌の産生物のせいです。

 

面白いのは、善玉菌と悪玉菌の僅かな勢力の差で、腸内環境が大きく変わることですね

20150213b

善玉菌が悪玉菌よりもわずかに優勢になると、日和見菌は善玉菌と仲良しになり、悪玉菌を押さえこんで、腸内全体が善玉菌の活動エリアになります。

20150213c

逆に悪玉菌がわずかに優勢になると、日和見菌は悪玉菌と仲良しになり、善玉菌を押さえこんで、腸内全体が、悪玉菌の天下になってしまうので、善玉菌は活躍できなくなります。

 

まるで、与党と野党が拮抗している時に、無党派層の動向で政権の行方が決まるような感じです。

だからこそ、善玉菌を応援して、無党派層(日和見菌)を味方に引き寄せなければならないのです。

 

善玉菌を応援する製品

生きたまま腸内に到達可能な乳酸菌をプロバイオティクスといいいます。

また、善玉菌が栄養源に利用できるが悪玉菌は利用できない物質(オリゴ糖など)を、プレバイオティクスと言います。

これらの物質を、食品やサプリメントとして摂取して、効率的に腸に送り込むことによって、腸内環境全体を善玉菌に支配させて、健康や美容に良い体質を作るように心がける必要があります。

 

世の中には数多の製品が出まわっていて、どれを選んだら良いのかわからなくなってしまいますね。
どれも、みんな、良さそうなことが書いてあるし。

そんな多くの製品の中から、品質と価格を十分に検討して、りん子先生がおすすめしているのがやずやの『乳酸菌とケフィアの力』です。


この記事は、各種資料を元にして独自にまとめたものであり、文責はすべて『りん子先生』にあります。

同じカテゴリー「腸内細菌」の一覧

20150212b

腸内環境改善で免疫力が付き、じんましんが治る。

皆さん、こんにちは。 りん子先生です。 TBSテレビ番組『世界一受けたい授業』(2015年3月14日放送)をご […]

記事の続きを読む
20150216b

年齢とともにビフィズス菌が減るって本当ですか。

そうですね。 年齢と共に体内、つまり腸内のビフィズス菌の比率が減少することは、最近ではよく知られたことですね。 […]

記事の続きを読む
20150214l

ビフィズス菌ってみんな善玉菌ですか

はーい、りん子先生でーす。 今回は、ビフィズス菌の質問ですね。 結論から先に言いますと、 ビフィズス菌は、全部 […]

記事の続きを読む
20150213d

善玉菌と悪玉菌と日和見菌のバランス

みなさんこんにちは、りん子先生です。 今日は、舞台の上から腸内細菌のお話しをします。 腸の中には100種類もの […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

りん子先生のプロフィール

りん子先生は、介護老人保健施設で働く管理栄養士です。 ある日、食品メーカーに務める大学の先輩からケフィアを教えられて、すっかりその魅力にとりつかれて自分でも研究しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2019 乳酸菌ならケフィアで決まりでしょう

    ページトップ