健康で快適な身体を作るためには欠かせない乳酸菌を効果的に取り入れるのが、古くからのコーカサスの知恵であるケフィアです。ケフィアのメリットをどんどん紹介します。

MENU
乳酸菌ならケフィアで決まりでしょう TOP  >  ケフィア  >  発酵乳ケフィアとは何ですか?

発酵乳ケフィアとは何ですか?

はーい、ニーナでぇす。

ケフィアのことなら、ニーナの出番だわ。

20150211b

ケフィアは発酵乳食品の一種

世界の各地には、伝統的な発酵乳食品がたくさんありますね。
例えば

  •  トルコの「トルバ」
  •  モンゴルの「クミス」
  •  インドの「ラッシー」
  •  中東諸国の「ラブネ」
  •  ブルガリアの「ヨーグルト」
  •  コーカサス地方の「ケフィア」

ケフィアは、これらの発酵乳食品の仲間です。

ケフィアはKefir と書いて、英語読みは「ケフィア」ですが、ロシア語や他の言語では「ケフィール」と読むほうが多いのですよ。

また、コーカサス地方の村や部族によって名前が違っていました。

  • 「カフィール」
  • 「カフェール」
  • 「カファー」
  • 「ケフェール」
  • 「カーポン」
  • 「キッペ」
  • 「ケピー」

ただし、どれも「さわやかな味」と言う意味でで、ケフィアの風味が表現されているようです。

 

ケフィアのふるさとはコーカサス

コーカサスの山岳民族は、山の上で、牛、ヤギ、羊などの家畜を飼育していました。

山で絞った生乳を革袋などに入れて馬の背に乗せ、麓まで運ぶ途中で、乳が日光によって温められ、夕方の冷気で冷やされたことで球菌(ケフィア粒)が作られたのが始まりだと言われています。

偶然見つけた産物らしいですね。

関連記事 ⇒ コーカサス地方ってどこですか?

 

作り方はカンタンです

その後、ケフィアのたね菌に相当するケフィアグレイン(ケフィア粒)が分離精製されましたので、必要に応じて、各家庭で、革袋に入れた生乳にケフィアグレインを投入して作っていました。

ケフィアグレインは日本でも販売されているので、簡単にケフィアを作ることが出来ますよ。

関連記事 ⇒ ケフィアの作り方

20150210a2

飲み方いろいろ

ケフィアは、そのまま飲んでも良いし、果物やハチミツ、メープルシロップやヨーグルトと混ぜて飲む人もいます。

また、ミルクの代わりに、シリアルにかけたり、コーカサス地方では、ごく普通の飲料として流通しています。

 

ただし、製品でも発酵が続いているためガスが発生するので、販売する容器にはガス抜き用の穴が必要です。

日本では、食品の梱包は密閉状態でなければならないので、生のケフィアを販売することは出来ません。


この記事は、各種資料を元にして独自にまとめたものであり、文責はすべて『りん子先生』にあります。

同じカテゴリー「ケフィア」の一覧

20150326l

ケフィアでインスタントラーメンを作る方法

ケフィアは、植継ぎ法でいくらでも作れるので、料理の活用を研究してみましょう。 料理と言っても、だれでも出来るイ […]

記事の続きを読む
20150211h

ケフィアの植え継ぎ6代目も成功

こんにちは、ニーナです。 ケフィアの種菌を勝って、牛乳パックで作るケフィアを続けています。 前回、5代目までの […]

記事の続きを読む
20150212b

腸内環境改善で免疫力が付き、じんましんが治る。

皆さん、こんにちは。 りん子先生です。 TBSテレビ番組『世界一受けたい授業』(2015年3月14日放送)をご […]

記事の続きを読む
20150314h

牛乳パックで植継ぎ法のケフィアの作り方、もはや5代目。

は~い、こんにちは。 ニーナでぇす。 ケフィアの種菌と牛乳パックから、日本でケフィアを作ってみましたって、 こ […]

記事の続きを読む
20150309c

スーパーヨーグルトって、ケフィアのことですよ。

皆さん、こんにちは。 りん子先生です。 先日、テレビ放送で、長寿の国グルジアの秘密として、『スーパーヨーグルト […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

りん子先生のプロフィール

りん子先生は、介護老人保健施設で働く管理栄養士です。 ある日、食品メーカーに務める大学の先輩からケフィアを教えられて、すっかりその魅力にとりつかれて自分でも研究しています。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2019 乳酸菌ならケフィアで決まりでしょう

    ページトップ